忍者ブログ
Admin / Write / Res
今日も俺の人生が平和でありますように
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
にゃんぴょう
性別:
男性
職業:
必死系社会人
趣味:
昼寝
自己紹介:
Mr.childrenと浦和レッズを愛するダメ人間日本代表のような存在。
楽して人生全うしたいものだ。
最新CM
[03/21 える]
[12/30 にゃんぴょう]
[12/29 yui]
[09/05 87]
[09/04 次男]
[07/25 87]
[07/17 ツカサ]
最新TB
アクセス解析
[1]  [2
やっべ、なんか超久しぶりにブログ更新する気がする。
なんかブログでがっつり長文書くような出来事が最近なかったもんで・・・・あれ、そうかな。なんか仕事辞めたり色々あった気もするけど。

まぁその話は追々・・・・。


そんなことより今、世界中のフットボールファンを驚愕させる奇跡が遠いイングランドの地で起きたんですよ。
日本代表の岡崎慎司も所属するプレミアリーグのレスター・シティがプレミアリーグで優勝を果たしました!

いや、これはとんでもないなんて言葉で片付けられないレベルのぶっ飛んだ奇跡なんですよ。ラグビーの日本代表がW杯でいきなり南アフリカを撃破するくらいのミラクルなんですよ。間違いなく今年のフットボールニュースで最大のサプライズ。

1部と2部とウロウロし、去年もなんとか残留を決めたものの後半の絶好調がなければ終わっていたくらいの背水の陣だったチーム。おまけに開幕前に残留の立役者となった監督の電撃退任と名手カンビアッソが退団、今年の目標は勝ち点40を取ってなんとか残留。だったはずなんですよ。

ところが開幕してみるとあれよあれよ順当に勝ち点を積み上げていく。
前半こそ引き分けが多めだったが、先制されても追いつき、追い越す試合展開が多く、逆境に異常に強いメンタリティとプレミアリーグ連続試合ゴール記録を塗り替えたエースのヴァーディーの獅子奮迅の働きもあり、なんと2位で折り返す。


後半戦は打って変わって守備の抜群の安定感でロースコアゲームを制し、順当に勝ち点を積み重ねていく。
3月には5試合連続クリーンシートと、守備陣の集中力が研ぎ澄まされていく。

そして残り2節を残して悲願の初優勝!勝てば優勝の大一番では強敵マンチェスターUを相手に同点と意地を見せるが、今年大不審のチェルシーがこれまた今年大不審のアザールのビューティフルゴールでトッテナムの勝利を阻止、レスターの優勝が決まった。

皮肉にもアザールは同じ街のライバルチームであるトッテナムよりもレスターの優勝を望んでいた。そのアザールがこれまでの不振をぶっ飛ばすかのような超絶プレーでトッテナムを粉砕するとは・・・・さすが腐っても昨季リーグMVP男ですわ・・・・。


スペイン代表などに代表されるポゼッションサッカーが成果を出していく今のフットボールの流行とは真逆の堅守速攻でプレミアを制した名将ラニエリと選手たち。これはもうとんでもないシンデレラストーリーを見せてもらいました。
おそらく岡崎がブンデスリーガから移籍していなかったら開幕戦からレスターの試合を追いかけることなんてしていなかったでしょうが、次々とジャイアントキリングを見せてくれるレスターの試合は最高に面白かったですし、マフレズ、ヴァーディーあたりなんかはこんな逸材が生涯埋もれたままじゃなくてよかったと思えるほどの素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

レスターがシーズン通してホーム、アウェー共に敗れる所謂ダブルを喫したのはなんとアーセナルただ1チーム。マンチェスターUやチェルシー、マンチェスターCや最後まで優勝争いを演じたトッテナムなどの強豪ひしめくプレミアリーグにて、間違いなく彼らはその強さを見せつけ、証明してきた。



おめでとうレスター、ありがとうレスター。そして岡崎もおめでとう。レスター初ゴールの試合も、いつぞやの芸術オーバーヘッドキックもちゃんと見てたで。

来季はUCLというリーグ戦とは比べ物にならないほどの高レベルな大会にも参加する。決勝トーナメントまで進めばユベントス、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリーやバルセロナなどの強豪ともガチンコで戦う機会が来る。(予選リーグは各国リーグ王者は同じ組にならないんですよね)
来季もレスター・シティの活躍から目が離せないぜ!!!


2年くらい前からノリでJスポ契約しといて本当によかった。最高の一年だったわ。
PR
やったー

浦和レッズ、Jリーグ2015年1stステージ優勝!
実に9年ぶりのタイトルだそうで、そんなに取ってなかったのか~。

しかし選手もサポーターも私も当然これで満足するわけでなく、もちろん狙うは年間勝ち点1位!2ndステージもこの勢いのまま取りに行きましょう。

それにしても、本当にここまで無敗で来てしまうとは。次節の新潟戦も負けなければ1stステージ無敗フィニッシュというけっこうとんでもない結果になります。
去年までは下位チームに簡単に勝ち点3を献上したり、肝心なところで追いつかれて引き分けに持ち込まれ、そして終盤の大失速であの体たらくっぷりでしたが、今年は勝つべき試合できちんと勝ち点3を積み、苦しい試合では逆に終盤に追いついて勝ち点1をもぎ取ったりと、見てる方もすごくポジティブに捉えられる試合展開が多くて、本当に去年無様に優勝逃したチームなのかとびっくりしています。

特に阿部ちゃんがここぞというところでリーダー力発揮してくれてるのがすごく助かりました。去年、最終節の敗北後に元同僚の闘莉王に「漢がいない」と蔑まれた経緯を思えば、阿部ちゃんにはぜひとも漢になって欲しいと思っていました。


でもこれで終わりじゃないです。
最終節も勝って、1stステージをいい形で終えて、そのまま2ndステージも制覇して、年間勝ち点一位でリーグ戦を終えて、チャンピオンシップなんかやる意味あるのかよという声を全国から爆発させるためにもまだまだ負けるわけにはいかないんだぜ~~~~。


2ステージ制には銀河を賭けて大反対ですが、まぁタイトルはタイトルなのでとりあえず万歳!


槙野と森脇は説教、李忠成は座禅だ。


なんか、早いうちにACLが終わったことが逆に良かった・・・・のかもしれない。ACLは残った柏とガンバにJリーグ勢の意地を見せて欲しいです、頑張ってください。



お久しぶりです。
このブログって一ヶ月以上放置しても、よくある「この広告は一ヶ月以上更新してない・・・」的な広告出ないんですね、やったぜ。

そんなわけで28歳になってしまった昨日12月6日、我らが浦和レッズの奇跡の大逆転優勝を信じてさいたまスタジアム2002までJリーグ最終戦、浦和レッズ対名古屋グランパス見に行きました。

生でJリーグ見に行くのなんて鬼久しぶりでしたね、寒くて本気で死にそうでした。マジ寒すぎんご。




結果は・・・・・ご存知の通り、首位ガンバが引き分けたにも関わらずレッズは1-2の逆転負けで2位終了。勝てば優勝の大一番でまたまたまたまたまたまたまたやらしかました。もういつも通りすぎてむしろ驚かないし落ち込まない。

ダメだこりゃ。

ホーム最終戦でのこの体たらくっぷりに当然サポーターからは大ブーイングでしたが、今季で13年在籍したレッズを離れる坪井には大きな大きな歓声と拍手が送られました。ありがとう坪井、色々と本当にありがとう。新天地でも頑張ってください、必ず応援します。

まぁここまでやっといてなんで優勝出来なかったかって、色々あると思いますが、二点だけ上げるとすれば原口の移籍&興梠の負傷離脱で李忠成では役不足だったストライカー不足と、試合終了後に元同僚の闘莉王が言った「男がいない」にだいたい集約されてると思います。

来季はぜひ1トップでゴールを脅かせるストライカーと、逆境にもチームを鼓舞できる、長谷場やジェラードみたいなキャプテンオーラを持った選手が欲しいですね。
てきとーに補強しないでそのへんも考えて欲しいです。これで来季ノンタイトルならミシャ監督もおしまいでしょう・・・・。

結果はどうあれ、これで来季はACL(という罰ゲーム)参戦が決まり、かなり選手層を厚くしておかないとリーグもカップもACLも全部コケて不遇のシーズンなんてこともありえます。

がんばろう、レッズ

一年間、お疲れ様でした。
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!
アルゼンチン決勝進出だあああああああああああああああああああ!


決勝の相手は3大会連続の対戦となるゲルマン帝国!


勝つんだ!
俺達は強い!

FOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!


マジオランダ戦120分緊迫しすぎてゲロ吐くかと思った、あんな0-0の試合、心臓に悪すぎる。お互いな。


今こそメッシを神の子から神に昇格させる時が来たのだ・・・・・


勝ああああああああああああああああああああああああつ!


いやあああああああああああああ!
ワールドカップが死ぬほど面白くて困ってます。

決勝トーナメントはいよいよベスト4、世界一強い国になれるのはわずか四カ国にまで絞られました。

そんなイカれた強さを持つメンバーがこいつら

1・ブラジル
 開催国として優勝が至上命題のブラジル。決勝トーナメントではチリ、コロンビアと南米勢相手に激闘を制してベスト4入り。
 しかしエースのネイマールがまさかの負傷で大会離脱な上、準決勝ではチアゴ・シウバまで欠場。逆境だらけのブラジルさんマジパネェッっす。

2・ドイツ
 四大会連続ベスト4入りというとんでもない安定感を見せながらも、過去3度全て優勝に手が届いていない。
 火事場の馬鹿力が足りないが、今大会ばっかりはマジでやってくれるかもしれん。ミュラーを筆頭にゴールを取れる選手が非常に豊富なもんで強力。
 あとラスボス・ノイアーな。

3・オランダ
 4年前にスペインに阻まれた悲願の初優勝を今度こそ。ロッベンの調子が非常によく、ペルシー、ロッベン、スナイデルの3人でゴールを狙える攻撃陣が強力。そのおかげで守備にも人数をかけられ、安定感◎。個人的優勝候補筆頭。

4・アルゼンチン
 メッシ中心のチームであり、攻撃の全てがメッシに依存しているのが最大の不安要素。4強の中では最も安定感がない。
 本来点を取るべきイグアインやラベッシの調子も上がらず、アグエロも負傷離脱。おまけに中盤の要であるディ・マリアまでもが負傷離脱濃厚であり、ますますメッシへの依存、負担が大きくなる。やれんのか?


まままま!言うてもここまで勝ち上がってきたということはやはりそれだけの実力があってのことのはずだし、負傷離脱等色々有利不利がつく状況はあれどどう転ぶかは始まってみないとわからないですね。

あと一週間でこの4年後しのお祭りも終わってしまうのか・・・・・


正直全力寝不足で身体がもたないです(:3[__]
いやーワールドカップで毎日サッカー漬けで幸せです(ただし生活リズムはボロボロで体調もズタボロ)

一回戦から波乱だらけ、おまけに二回戦ではいよいよグループリーグ敗退チームがちらほら出始めて面白くなって来ました。

何より初戦オランダ戦で大惨敗した王者スペインがさらにチリにも完敗、最速でグループリーグ敗退が決まるというとんでも展開。
まぁ前大会王者がGL敗退はここ最近でもイタリアやフランスが通ってきた道なのでそんなに珍しいものでもないけど。


さらにイングランド、ウルグアイ、イタリアがひしめく死のグループではなんとなんと大伏兵コスタリカが二連勝で決勝トーナメント一番乗り!
ジャイアントキリングなんてレベルじゃねーぞ!

(これにより、いつもワールドカップではパッとしないイングランドの敗退が決まりました、アディオス)
さらにコスタリカ通過により、ウルグアイかイタリアのどちらかも敗退になります。まさに壮絶、死のグループ!



しかしながら、グループリーグ二戦目だというのに名試合だらけでもうやばいのなんのって。
コスタリカのジャイアントキリングっぷりもいいけど、オランダ、アルゼンチン、ドイツを追い詰めたオーストラリア、イラン、ガーナなどの大奮闘っぷりがすごい。

日本ももっと気合見せてみろって。観客に「こいつらなら何かしでかすんじゃないか!?」って気持ちにさせてほしいものです。
グループリーグ敗退が濃厚な最終戦の相手はおそらく同グループトップの実力を持つコロンビア。意地と可能性を見せるには格好の相手じゃないか!
グループリーグ突破はすでにコートジボワール対ギリシャの結果次第ということで、勝っても残念でしたってオチは十分ありえるけど、そんなもんなこの際どーでもいいってセルジオ越後も言ってたし!



はてさてどーなることやら。



ついにこの日が来た!
サッカーワールドカップ2014ブラジル大会、開幕ッッッッッッッッッッッッッッ!!!!


ネイマール要する優勝候補ブラジルに、前大会王者スペイン、面子はすげーのになぜか優勝できないドイツ、俺達のメッシ・アルゼンチン、4年前の復讐を誓うオランダ、見所盛りだくさん!

そして我らが日本はグループリーグでコートジボワール、ギリシャ、コロンビアと対戦。強豪だらけだけど頑張って念願のベスト8進出目指して頑張って欲しいです。

まぁ注目は毎回そうだけど俺たちのアルゼンチン!2大会連続ベスト8でドイツに敗北を喫しているし、今年こそは復讐を完遂させる。

どこが優勝するのか、一瞬も目が離せない一ヶ月の開幕じゃあああああああああああ!



(開幕戦から朝5時キックオフとか命がいくつあっても足りない)

来年のサッカーワールドカップ・ブラジル大会のグループリーグ抽選会が先日行われ、ついに組み合わせが決まりました。


日本の対戦相手はコロンビア、コートジボワール、ギリシャの3国!
楽な組とも、厳しい組とも言いがたい、実に南アフリカ大会のような実力の拮抗した国が固まった、非常に油断も予想もしづらい難しい組に入ったと思います。

ブラジルやスペインといった、頭二つ以上抜きん出てる国がいないというところだけはラッキーだと思うけど。言うてもコロンビアも全然強いんですけどね。

実力の拮抗した組とか言いつつ、ちゃっかりコロンビアが全勝って可能性もありえるので、やはりギリシャ、コートジボワールから確実に勝ち点3をぶんどる姿勢が重要かと。二勝しておけばグループリーグ突破の可能性は非常に高くなると思うし。

(まぁグループリーグ突破したとしても、お隣のD組がお祭り状態で勘弁して欲しいんだが)


とりあえず、全グループざっと感想を



やったあああああああああああああああああああ!
東北楽天ゴールデンイーグルス、創設9年目にしてついに初の日本一だあああああああああああ!


プロ野球再編問題でセパ2リーグ制が消滅の危機にあった矢先にホリエモンと三木谷の仁義なきガチンコ対決の末に生まれた楽天が、ついに日本の頂点に君臨したなんて、1プロ野球ファンとしてこんなに嬉しいことはないです。

あの日、パ・リーグを亡きものにしようとした連中に一泡吹かせることが出来た。選手たちがストライキまでして守り通したプロ野球に間違いはなかったんです。



しかし旧アンチ巨人として巨人の日本一だけはなんとしても阻止しなければならなかったですが、正直相手が巨人だからこそ、ここまで激アツな日本シリーズになったことは間違いなかったです。
(某4番は最初から最後まで氷点下でしたが)


マ神こと田中将大の連勝は途絶えてしまいましたが、まぁ日本一になれればそんな些細なことはどうでもよくなるでしょう。
でも本人が志願していても、160球投げさせるとか、その次の日に1回といえど投げさせるなんてことは金輪際止めてください。選手の身体のためにも。



これで2013年のプロ野球が終わってしまいましたね。海の向こうじゃ上原がワールドシリーズで胴上げ投手とか思わず鼻血吹き出すような偉業成し遂げてるし。


これで今年はもうJリーグ一本に絞れますね!
あ~どっかの赤いチームがナビスコ制覇失敗したので!もうリーグ制覇を狙うしか無いんです!なんか天皇杯もJ2のチームに普通に負けおったし何してるんじゃ!


お願いします~お願いします~ここまで補強しておいて無冠は恥ずかしいです~。



(涌井出ていっちゃうのかぁ・・・・来年の西武の投手陣どうするんだろ)


シーズンHR記録が更新されたり、投手連勝の世界記録が塗り替えられたり、伝説が生まれまくりの今シーズンの野球ですが、ついに最大の伝説が生まれました。


東北楽天ゴールデンイーグルスが球団設立9年目にして、ついに球団史上初のペナントリーグ優勝を決めました!!

✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌


私余裕の西武ファンですが、交流戦後から順調に首位を守り続ける楽天を見て、今シーズンだけはこのまま楽天に伝説を残して欲しいと心の底から願っておりました!

近鉄がオリックスに吸収される形でチーム消滅が決まり、セ・リーグとパ・リーグを統一しようとか間抜けな構想の浮上などがあり、ついにプロ野球史上初のストライキのまで発展した大事件を経て東北に爆誕した楽天イーグルス。


オリックスへの移籍を拒んだ元近鉄選手や、行き場所を探していたベテラン選手などをかき集めてで戦うも、設立当初はとにかく負けまくり、シーズン2戦目では伝説の26-0という歴史的大敗北まで喫してしまった楽天。


だが野村監督の就任、超高校級投手・田中将大(←神)のまさかの獲得などを経てチームは確実に少しずつ強くなる。
そしてついに今シーズン、ついにパ・リーグの頂点に君臨したんですよ!

泣くに決まってんだろ!お~ろろろろろ~ん。



ありがとう星野監督、ありがとう東北楽天ゴールデンイーグルス。
あなたたちは日本プロ野球界の星です。


このままCSも制して、日本シリーズで(多分順当に勝ち上がってくるであろう)憎き巨人軍をボッコボコにしてください!

(だが仙ちゃんは日本シリーズに弱い・・・・・!)


大丈夫、俺達にはいまだ勝率1.00とか気の狂った大エース、マ神がいるさ・・・・・


西武はせめてCS進出を決めてください。涌井出て行っちゃうのかな・・・・・。


ブログ内検索
Twitter
Copyright ©  にゃんぴょうの間合い All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]