忍者ブログ
Admin / Write / Res
今日も俺の人生が平和でありますように
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
にゃんぴょう
性別:
男性
職業:
必死系社会人
趣味:
昼寝
自己紹介:
Mr.childrenと浦和レッズを愛するダメ人間日本代表のような存在。
楽して人生全うしたいものだ。
最新CM
[03/21 える]
[12/30 にゃんぴょう]
[12/29 yui]
[09/05 87]
[09/04 次男]
[07/25 87]
[07/17 ツカサ]
最新TB
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はいどーも。
毎年恒例の季節がやってきましたね。

TGSこと東京ゲームショウ2016。


いや~~~今年もいっぱいゲームしまくって遊んじゃうぞ~~~。




って思ってたんですよ。まぁ試遊は置いといて、色んなブースに突入してあれやこれやと見て回るか~~~って思ってたんですよ。




結論からいうと今までいった中で一番つまんない、いや本当に悪い意味でこの先このイベント大丈夫なの?って思えるレベルの内容でした。

大手が縮小したわけでもないのになんでこんなことになっちゃったんだろう・・・・色々思ってみました。




PR
や↑ったぜ。
ご存知新海誠さんの最新長編映画、「君の名は。」をさっそく見てきました。

秒速5センチメートルで爆発的にその知名度を高め、そんなアニメとか見ない人でも名前くらい聞いたことあるんじゃないかなくらいの彼ですが、今回ばっかりは気合の入った長編というだけあって力の入れようがすごい。

上映館数も公開前のプロモーションも余裕で過去最大。BGMには主題歌含めて全曲RADWIMPSが担当するという本気っぷり。


まぁ今まで彼の長編といえば約90分の「雲のむこう、約束の場所」や約二時間の「星を追う子ども」があるんですけど、前者は光る作品だがまだまだ荒削りな、後者はいつもと違う作風(と、ジブリへのちょっとした憧れ)に挑戦した結果、正直イマイチな感じに落ち着いてしまった。

だが今回ばかりはこれまで作ってきたあらゆる作品で得たものを凝縮してぶつけてきたかのごとく、ド直球な青春ファンタジーもの。
ファンタジーも青春も大好きな新海誠がこんな映画作って、面白くないわけがないんだよなぁ~。



面白かったよ!!!!!!!!!!!!!!!
死ぬほど!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



※この先ネタバレ有り


あいー暑くて暑くて死んでしまいそうです。

時には時代のビッグウェーブに乗るのも大事だよね。ってなわけでシン・ゴジラを見に行きましたー。

何度かシリーズが終わってはまた新しいシリーズを初めてを繰り返してきたゴジラシリーズ。今作もミレニアムシリーズが終わっての完全新規ゴジラ(これがシリーズ化するかは知らないけど)


監督はご存知エヴァンゲリオンシリーズでおなじみの庵野秀明、さらに特技監督には樋口真嗣。このコンビ、かつて短編映画の「巨神兵、東京に現る」という作品でタッグを組んでおり、要するにでかくて怖いやつを都心にドカンと出現させるなら任せろと言わんばかりの組み合わせ。


庵野秀明は新エヴァでめっちゃ忙しい上になんか精神的にもズタボロになってる中、「一作だけ」という条件でゴジラ新作のオファーを受けたそうです。まぁまだ新エヴァも最後の一作が残ってるしね、分かる。


が、とてもこの一作で終わりにするには勿体なさすぎる、傑作の部類に入るほどの面白さでした。



ネタバレにビビるほどの内容でもないですけど、一応予告、あらすじ以上のことに触れるので続きは追記で。





フォースとともにあらんことを。

ついに公開されました。俺達のスターウォーズまさかの新作、エピソード7。
エピソード6で帝国軍との戦いも終わり、銀河に平和がもたらされたかと思ったらまさかの続編ですよ、俺達の戦いはまだまだ終わってなかった。

と言っても、監督はお馴染みのジョージ・ルーカスではなくJJエイブラムス監督。アルマゲドンやクローバーフィールドの制作に携わり、最近ではスタートレックの新作の監督なんかをやられていた方。

完結したと思ったらスターウォーズの新作ということでこれ以上何やるんだよって思ったのはきっと俺だけではないはず。
監督も変わったし、なんか無理やり続編作ったんじゃないの?と不安に思った部分も多少なりともありました。


が!


観終わった今、確かにこの新作はスターウォーズだった!
大好きなスターウォーズが腐ることなく帰ってきた!やったぜ!

ダースベイダーとシスの暗黒卿は倒れたが、帝国軍の残党は相変わらず銀河で暴れ放題。
そんな中、砂漠の星ジャクーに住む少女レイの元にとあるアンドロイドが漂流する。



そんなわけでこの後の感想はネタバレも含むので。


今年も元気に行って来ました!
トーキョーゲームショー2015!


今年はですね~え~なんていうか~
非常に微妙なラインナップでして・・・・ビッグタイトルの試遊が8割くらいSCEブースに固まったり、相変わらずソーシャルゲームのコーナーが拡大し続けるせいでスクエニなどの大企業が段々微妙になっていったり・・・・。

それでもやっぱりあの一空間丸ごとゲームゲームな雰囲気は楽しいですねー今年もほとんどそこら辺ブラブラしてばっかでしたが最高でした。






詳しい話は追記で。



ついに我が家にも次世代機のビッグウェーブが!!

届いてしまいました、PS4Bloodborneオリジナルエディション!
オリジナルデザインと言ってもPS3によくあるオリジナルデザインが本体に直接刻印されたタイプじゃなくて、なんかオリジナルデザインのカバーがついてくるだけのタイプ。
だから本体はいたって普通のPS4。普通のPS4にこのカバーつければ誰でもオリジナルエディションになれる!!

え、なにそれ残念すぎんだけど。
MGSVのPS4はちゃんと本体に刻印されたオリジナルデザインなのに。






もっと大きいかと思ったけど、縦置きにしてみたら薄型PS3に毛が生えた程度でした。
ただ、重い。本体も、コントローラも。
(あと黒が思った以上に埃が目立つ、白選んどけば・・・・)


そしてBloodborne!
今回は今までのソウルシリーズのようなSF中世欧州みたいな世界観よりは少し近代な時代設定、銃も主力武装だし。
ソウルシリーズはガン盾スタイルだったもんで、盾のない今作は正直まだ被弾が多くて泣きそうです。
しかも、敵の攻撃が痛い。あっという間に昇天する。まぁ回復アイテムはいっぱい持てる、いっぱい拾える、使うのも早いということでそこら辺でゲームバランスを取ってそう。
(でもボス戦であと少しというところでぶっ殺されるパターンも多そう・・・)

死んだ数だけ立ち上がればクリアできるはず。
頑張ります。

FF零式HDも欲しいけど、アサクリユニティも欲しい。
前回の記事からすぐ続きを更新しようと思ったのにモンハンのせいでけっこう間が空いてしまったのね。

2日目は主に洛西、嵐山方面に進軍しました。

最大の目的は実はまだ訪れたことのない嵐山と嵯峨野竹林。
この日も山奥の寺まで黙々と歩いたせいでものすごい疲れました。なんか2万歩近く歩いたそうです。

またお尻が痛くなりました。足よりもお尻が痛かったです。なんでかは知らないのでコメントできません。


突然ですが京都に旅に出ていました。
人生たまにはいきなり遠出するのも有りだと思います。

実際のところ最大の目的は京都ではなかったのですが、せっかく遠出するなら京都まで行っちゃえばいいんじゃね?とかいうノリで京都まで行っちゃったノリです。

テキトーに写真うpしつつ、色々書こうと思います。


あいやー今年も行って来ました東京ゲームショウ2014!
PS4やXboxoneの国内展開も本格的に進んで次世代機での新作ラッシュや、それ以外の高性能なリモートプレイや新しい形のゲームなんかも色々展示してあって相変わらずテキトーにぶらぶらしてるだけでも面白かったです。

注目作は年内ならMH4G、来年ならBloodborne、発売未定ならFF15あたりでしょうかね。FF15はなんか話のバックグラウンド全然説明がないのにいきなり黒塗りの高級車でサファリパークするもんだから見た人全員「???」って感じになっちゃってますけどwwww



これMH4Gの看板モンスター。名前は忘れた。



SONYコーナーのPS4タイトル試遊コーナーにででんと構えるBloodborne、否が応にも期待大。
今回は試遊で発売を二週間後に控えたキングダムハーツ2.5の予習をしてきました。色々コースがありましたが、私自称超上級者なので一番難しいコースでリミットカット版13機関と戦って来ました。

戦歴
ロクサス戦 0勝3敗
ゼムナス戦 1勝3敗

ロクサスに全然勝てなかった・・・・手も足も出なかったわけじゃないけど勝てる予感がしなかったので途中で相手をゼムナスに切り替えてリフレクトガードのいい練習台になってもらいました。

個人的に大きなところは発表済みor未発表で当日何かサプライズな発表があったわけでもないですが、とりあえず年内はキングダムハーツ2.5HDとMH4Gに期待しつつ年末商戦を楽しみにしようと思います。(今のところはガンダムブレイカー2くらい?)

来年はBloodborneとFF零式HDとPS4ソフトが続くので、いよいよ新ハード購入を決断しなければいけない時期が来たようです。
(値段よりもあんなデカブツ置くところねぇ・・・・)

楽しかったです!また来年!



キングダムハーツ3はまだですか?
攻殻機動隊ARISE
boader3「Ghost Tears」

やってきました攻殻機動隊ARISEの第3話。

今回の見所はS.A.C.ではメスゴリラとまで呼ばれた草薙素子のラブストーリーと、ついに現公安9課のメンバーが出そろうこと。
とは言いつつ、いつものSFサスペンス要素に加え、今回は最終回へ繋がる様々な要素もちらちら顔見せをして、本当に見逃せない一作。

記憶改竄型のウイルス、ファイアスターター。そしてクルツの再登場、謎のエージェント、エマ。これだけでも次回が非常に楽しみですねぇ・・・・!
やっぱ攻殻機動隊は超ウィザード級ハッカーが出てきてなんぼやね!


今回は素子のラブストーリーに絡めて、義体と生身という部分も大きなテーマになる。このタイミングで義体化集団の部隊に生身、既婚、子持ちであるトグサが最後の最後に絡んで加入するってのも粋な計らい。

「現実と虚構の曖昧な境界」が攻殻機動隊全般のテーマとして存在するが、この義体と生身もその現実と虚構の一部であるとは思うわけで。
サイボーグに取ってその義体は物なのか、肉体なのか。素子の恋人役であるホセはまぁとにかく胡散臭いくらいにフェロモン満載のイケメン野郎なんだけど、中々彼の義体に関する考え方も面白く、一見の価値有り。


サブタイトルのGhost Tears、そのままの意味ならゴーストの涙なんだろうけど、色々と考えさせられるタイトルでもありますね。
また、Tearには「引き裂かれる」という意味もあるそうで、むしろこっちの意味のほうが本来のサブタイトルなのかもしれない。

しかし、これほどまでに人間味のある素子が見れるのは本当に珍しく、そういった意味でも見逃せない場面ばかりでしたね。素子レベルまで全身義体されているとどこまでが人間なのかよく分からなくなることもあるけど、あーいう喜怒哀楽を見るとやっぱり人間なんだなぁと。


次回、最終回boader:4「Ghost Stands Alone」
なんと3ヶ月後の9月6日公開。はああああああああああああやい!

はたしてファイアスターターの正体、クルツの狙いは!?

んがああああああああああ!楽しみだあああああああああああああ!

ブログ内検索
Twitter
Copyright ©  にゃんぴょうの間合い All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]