忍者ブログ
Admin / Write / Res
今日も俺の人生が平和でありますように
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
にゃんぴょう
性別:
男性
職業:
必死系社会人
趣味:
昼寝
自己紹介:
Mr.childrenと浦和レッズを愛するダメ人間日本代表のような存在。
楽して人生全うしたいものだ。
最新CM
[03/21 える]
[12/30 にゃんぴょう]
[12/29 yui]
[09/05 87]
[09/04 次男]
[07/25 87]
[07/17 ツカサ]
最新TB
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
2週連続幕張メッセ決戦。
第1週はBUMP OF CHICKEN Tour2017-18 PATHFINDER
初日幕張メッセ公演!


配信限定シングルはちょくちょく出してたけど、アルバムは出してないのでどんなツアーなのか、どんなセトリなのか想像が止まらない感じでした。


※セットリストネタバレ有り


PR
はいどーも。
毎年恒例の季節がやってきましたね。

TGSこと東京ゲームショウ2016。


いや~~~今年もいっぱいゲームしまくって遊んじゃうぞ~~~。




って思ってたんですよ。まぁ試遊は置いといて、色んなブースに突入してあれやこれやと見て回るか~~~って思ってたんですよ。




結論からいうと今までいった中で一番つまんない、いや本当に悪い意味でこの先このイベント大丈夫なの?って思えるレベルの内容でした。

大手が縮小したわけでもないのになんでこんなことになっちゃったんだろう・・・・色々思ってみました。




や↑ったぜ。
ご存知新海誠さんの最新長編映画、「君の名は。」をさっそく見てきました。

秒速5センチメートルで爆発的にその知名度を高め、そんなアニメとか見ない人でも名前くらい聞いたことあるんじゃないかなくらいの彼ですが、今回ばっかりは気合の入った長編というだけあって力の入れようがすごい。

上映館数も公開前のプロモーションも余裕で過去最大。BGMには主題歌含めて全曲RADWIMPSが担当するという本気っぷり。


まぁ今まで彼の長編といえば約90分の「雲のむこう、約束の場所」や約二時間の「星を追う子ども」があるんですけど、前者は光る作品だがまだまだ荒削りな、後者はいつもと違う作風(と、ジブリへのちょっとした憧れ)に挑戦した結果、正直イマイチな感じに落ち着いてしまった。

だが今回ばかりはこれまで作ってきたあらゆる作品で得たものを凝縮してぶつけてきたかのごとく、ド直球な青春ファンタジーもの。
ファンタジーも青春も大好きな新海誠がこんな映画作って、面白くないわけがないんだよなぁ~。



面白かったよ!!!!!!!!!!!!!!!
死ぬほど!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



※この先ネタバレ有り


あいー暑くて暑くて死んでしまいそうです。

時には時代のビッグウェーブに乗るのも大事だよね。ってなわけでシン・ゴジラを見に行きましたー。

何度かシリーズが終わってはまた新しいシリーズを初めてを繰り返してきたゴジラシリーズ。今作もミレニアムシリーズが終わっての完全新規ゴジラ(これがシリーズ化するかは知らないけど)


監督はご存知エヴァンゲリオンシリーズでおなじみの庵野秀明、さらに特技監督には樋口真嗣。このコンビ、かつて短編映画の「巨神兵、東京に現る」という作品でタッグを組んでおり、要するにでかくて怖いやつを都心にドカンと出現させるなら任せろと言わんばかりの組み合わせ。


庵野秀明は新エヴァでめっちゃ忙しい上になんか精神的にもズタボロになってる中、「一作だけ」という条件でゴジラ新作のオファーを受けたそうです。まぁまだ新エヴァも最後の一作が残ってるしね、分かる。


が、とてもこの一作で終わりにするには勿体なさすぎる、傑作の部類に入るほどの面白さでした。



ネタバレにビビるほどの内容でもないですけど、一応予告、あらすじ以上のことに触れるので続きは追記で。





ドコドコドコドコドコドコ
ついにこの日が来た!

THE YELLOW MONKEY まさかの復活ッッッッッッッッッッッッッ!

ノリと勢いで申し込んだ長野公演がごく普通に当たったんで行って来ました。
2004年に解散したもんで、もう一生生演奏を聴く機会なんてないんだろうなーとか思ってたのに今年まさかの再結成&全国ツアー。
ここで行かなきゃ漢じゃない!





去年の10月に長野行ったばかりなのにまた来てる。

相変わらずのド田舎っぷりで安心しました。


やっべ、なんか超久しぶりにブログ更新する気がする。
なんかブログでがっつり長文書くような出来事が最近なかったもんで・・・・あれ、そうかな。なんか仕事辞めたり色々あった気もするけど。

まぁその話は追々・・・・。


そんなことより今、世界中のフットボールファンを驚愕させる奇跡が遠いイングランドの地で起きたんですよ。
日本代表の岡崎慎司も所属するプレミアリーグのレスター・シティがプレミアリーグで優勝を果たしました!

いや、これはとんでもないなんて言葉で片付けられないレベルのぶっ飛んだ奇跡なんですよ。ラグビーの日本代表がW杯でいきなり南アフリカを撃破するくらいのミラクルなんですよ。間違いなく今年のフットボールニュースで最大のサプライズ。

1部と2部とウロウロし、去年もなんとか残留を決めたものの後半の絶好調がなければ終わっていたくらいの背水の陣だったチーム。おまけに開幕前に残留の立役者となった監督の電撃退任と名手カンビアッソが退団、今年の目標は勝ち点40を取ってなんとか残留。だったはずなんですよ。

ところが開幕してみるとあれよあれよ順当に勝ち点を積み上げていく。
前半こそ引き分けが多めだったが、先制されても追いつき、追い越す試合展開が多く、逆境に異常に強いメンタリティとプレミアリーグ連続試合ゴール記録を塗り替えたエースのヴァーディーの獅子奮迅の働きもあり、なんと2位で折り返す。


後半戦は打って変わって守備の抜群の安定感でロースコアゲームを制し、順当に勝ち点を積み重ねていく。
3月には5試合連続クリーンシートと、守備陣の集中力が研ぎ澄まされていく。

そして残り2節を残して悲願の初優勝!勝てば優勝の大一番では強敵マンチェスターUを相手に同点と意地を見せるが、今年大不審のチェルシーがこれまた今年大不審のアザールのビューティフルゴールでトッテナムの勝利を阻止、レスターの優勝が決まった。

皮肉にもアザールは同じ街のライバルチームであるトッテナムよりもレスターの優勝を望んでいた。そのアザールがこれまでの不振をぶっ飛ばすかのような超絶プレーでトッテナムを粉砕するとは・・・・さすが腐っても昨季リーグMVP男ですわ・・・・。


スペイン代表などに代表されるポゼッションサッカーが成果を出していく今のフットボールの流行とは真逆の堅守速攻でプレミアを制した名将ラニエリと選手たち。これはもうとんでもないシンデレラストーリーを見せてもらいました。
おそらく岡崎がブンデスリーガから移籍していなかったら開幕戦からレスターの試合を追いかけることなんてしていなかったでしょうが、次々とジャイアントキリングを見せてくれるレスターの試合は最高に面白かったですし、マフレズ、ヴァーディーあたりなんかはこんな逸材が生涯埋もれたままじゃなくてよかったと思えるほどの素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

レスターがシーズン通してホーム、アウェー共に敗れる所謂ダブルを喫したのはなんとアーセナルただ1チーム。マンチェスターUやチェルシー、マンチェスターCや最後まで優勝争いを演じたトッテナムなどの強豪ひしめくプレミアリーグにて、間違いなく彼らはその強さを見せつけ、証明してきた。



おめでとうレスター、ありがとうレスター。そして岡崎もおめでとう。レスター初ゴールの試合も、いつぞやの芸術オーバーヘッドキックもちゃんと見てたで。

来季はUCLというリーグ戦とは比べ物にならないほどの高レベルな大会にも参加する。決勝トーナメントまで進めばユベントス、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリーやバルセロナなどの強豪ともガチンコで戦う機会が来る。(予選リーグは各国リーグ王者は同じ組にならないんですよね)
来季もレスター・シティの活躍から目が離せないぜ!!!


2年くらい前からノリでJスポ契約しといて本当によかった。最高の一年だったわ。
フォースとともにあらんことを。

ついに公開されました。俺達のスターウォーズまさかの新作、エピソード7。
エピソード6で帝国軍との戦いも終わり、銀河に平和がもたらされたかと思ったらまさかの続編ですよ、俺達の戦いはまだまだ終わってなかった。

と言っても、監督はお馴染みのジョージ・ルーカスではなくJJエイブラムス監督。アルマゲドンやクローバーフィールドの制作に携わり、最近ではスタートレックの新作の監督なんかをやられていた方。

完結したと思ったらスターウォーズの新作ということでこれ以上何やるんだよって思ったのはきっと俺だけではないはず。
監督も変わったし、なんか無理やり続編作ったんじゃないの?と不安に思った部分も多少なりともありました。


が!


観終わった今、確かにこの新作はスターウォーズだった!
大好きなスターウォーズが腐ることなく帰ってきた!やったぜ!

ダースベイダーとシスの暗黒卿は倒れたが、帝国軍の残党は相変わらず銀河で暴れ放題。
そんな中、砂漠の星ジャクーに住む少女レイの元にとあるアンドロイドが漂流する。



そんなわけでこの後の感想はネタバレも含むので。


今年も元気に行って来ました!
トーキョーゲームショー2015!


今年はですね~え~なんていうか~
非常に微妙なラインナップでして・・・・ビッグタイトルの試遊が8割くらいSCEブースに固まったり、相変わらずソーシャルゲームのコーナーが拡大し続けるせいでスクエニなどの大企業が段々微妙になっていったり・・・・。

それでもやっぱりあの一空間丸ごとゲームゲームな雰囲気は楽しいですねー今年もほとんどそこら辺ブラブラしてばっかでしたが最高でした。






詳しい話は追記で。


行って来ました、遥々大阪はヤンマースタジアム長居!
いつの間にか長居陸上競技場から名前が変わってたけど昨今の日本じゃよくあーる話だねー。

目的はSO!我らがMr.Childrenのスタジアムツアー「未完」in ヤンマースタジアム長居。

モンスターアルバム「REFLECTION」を引っさげないで発売前に回ったツアーの最後からわずか一ヶ月後に始まった今年二度目の全国ツアー。
今回はドームやスタジアムといったキャパのでかい会場、おまけにREFLECTION発売後のツアーということで前回と同じアルバムのツアーながら、どんな曲をやってくれるのか楽しみですねぇ。

スタジアムだと花火どっかーーーーーーーーーーんとか期待すんべ。


そんなわけで眠いんでさくっとセットリストネタバレ。



やったー

浦和レッズ、Jリーグ2015年1stステージ優勝!
実に9年ぶりのタイトルだそうで、そんなに取ってなかったのか~。

しかし選手もサポーターも私も当然これで満足するわけでなく、もちろん狙うは年間勝ち点1位!2ndステージもこの勢いのまま取りに行きましょう。

それにしても、本当にここまで無敗で来てしまうとは。次節の新潟戦も負けなければ1stステージ無敗フィニッシュというけっこうとんでもない結果になります。
去年までは下位チームに簡単に勝ち点3を献上したり、肝心なところで追いつかれて引き分けに持ち込まれ、そして終盤の大失速であの体たらくっぷりでしたが、今年は勝つべき試合できちんと勝ち点3を積み、苦しい試合では逆に終盤に追いついて勝ち点1をもぎ取ったりと、見てる方もすごくポジティブに捉えられる試合展開が多くて、本当に去年無様に優勝逃したチームなのかとびっくりしています。

特に阿部ちゃんがここぞというところでリーダー力発揮してくれてるのがすごく助かりました。去年、最終節の敗北後に元同僚の闘莉王に「漢がいない」と蔑まれた経緯を思えば、阿部ちゃんにはぜひとも漢になって欲しいと思っていました。


でもこれで終わりじゃないです。
最終節も勝って、1stステージをいい形で終えて、そのまま2ndステージも制覇して、年間勝ち点一位でリーグ戦を終えて、チャンピオンシップなんかやる意味あるのかよという声を全国から爆発させるためにもまだまだ負けるわけにはいかないんだぜ~~~~。


2ステージ制には銀河を賭けて大反対ですが、まぁタイトルはタイトルなのでとりあえず万歳!


槙野と森脇は説教、李忠成は座禅だ。


なんか、早いうちにACLが終わったことが逆に良かった・・・・のかもしれない。ACLは残った柏とガンバにJリーグ勢の意地を見せて欲しいです、頑張ってください。
ブログ内検索
Twitter
Copyright ©  にゃんぴょうの間合い All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]